アーカイブ
タグから検索

鶴見辰吾&渡辺裕之のスーパー対談!スピードゴルフの魅力って!?

日本スピードゴルフ協会の公式アンバサダーで俳優の鶴見辰吾さんと、芸能人ゴルフ王で俳優の渡辺裕之さんがスピードゴルフの魅力を語る!ゴルフを知り尽くした仲良しコンビが感じるスピードゴルフの可能性とは!?「第2回 芸能人スピードゴルフ王決定戦!」に出場した2人のクロストークは必見! スピードゴルフはゴルフの上達に役立つ? 鶴見「(渡辺)裕之さんは、スピードゴルフ初体験でしたがラウンドされていかがでしたか?」 渡辺「楽しさ、悔しさ、色々なことを味わってすごく勉強になったよ。それに、普段のゴルフでは気付かなかったことを、たくさん見つけることができた。僕は、人間には見たものに自然に反応して体が動く力があると思っているけど、ゴルフでは、ラインを読んだり飛球線後方から方向を確認することで、実は大切な直感力などが消えてしまうことがある。スピードゴルフはそうした人間本来の能力を感じて、再認識することができるスポーツだね。ゴルフの上達にも繋がると思うよ」 スピードゴルフは愉快なハプニングだらけ? 鶴見「スピードゴルフのアンバサダーとして、芸能人ゴルフNo.1の裕之さんが出場してくれたことは嬉しいですね。スピードゴルフは、通常のゴルフでは味わえない爽快感、奥の深さを感じていただけたと思います」 渡辺「ゴルフ歴24年になるけど、走ってゴルフをするのは初めて。ホールアウト後は下半身は疲れたけど爽快な気分になった」 鶴見「スピードゴルフではプレー中に色々なハプニングが起こります。慌てて打って、走って…。そんな滑稽な姿が見られるのは純粋に楽しいですよ」 ゴルフがスランプの人にオススメ!? 渡辺「スピードゴルフ

参加者全員が初体験!第2回スピードゴルフ体験会開催!

国内初のスピードゴルフ通常予約の受付がスタートしたワンウェイゴルフクラブ(茨城県)で、「第2回スピードゴルフ体験会」が開催された。この体験会には、1人プレーと2人が1つのボールを交互に打つオルタネート方式が用意され合計16名が参加。全プレーヤーがスピードゴルフ初体験という新鮮な雰囲気の中、各参加者がコースを駆け抜けた。 体験会が開催されたのは、通常のゴルフがスタートする前の7時から。1人プレーで10名、2人でプレーするオルタネート方式で6名が参加し、8時前には全員がティーオフし、元気にコースを走り抜けた。 参加者は基本的にスピードゴルフを「前から気になっていた」という方ばかり。初体験となったためか、肝心のスコアとタイムはスタート前の期待のようにはいかなかったようだが、ホールアウトした後は、どなたも晴れやかな表情で「すごく楽しかったです!またチャレンジしたい」と口を揃えていた。 今回のプレーヤーは、普段からゴルフやランニングを楽しんでいる方ばかり。スコアは千差万別だったが、ランニングタイムは1時間10分~20分という方が多く、ゴルフプレーに手こずっていたようだ。 またオルタネート方式で参加された出場者の中には、プロゴルファーを目指していたという10代の女性もいた。ゴルフプレーは流石の一言だし走るのも得意ということで、一緒に回った男性は彼女について行くのがやっと。一度、スピードゴルフを体験したことで、競技の特性も感じられたようで、来年のスピードゴルフオープンではかなり上位に食い込むことが期待できそうだ。 日本スピードゴルフ協会では、2018年も体験会などイベントを実施予定。体験会が

「第2回 芸能人スピードゴルフ王決定戦!」BSフジで12/27オンエア

人気急上昇のスピードゴルフの勢いが止まらない。今年3月に初めて「芸能人スピードゴルフ王決定戦!」が開催され芸能界でも話題となったが、12月27日(水)にはその第2弾が早くも放送決定!人気芸能人が、打って走って、打って走る姿は必見!そして今回は現役のツアープロが登場。芸能界屈指のゴルフの腕前を誇る出演者たちの前に立ちはだかる。果たして第2回大会でスピードゴルフ王に輝くのは一体、誰になるのだろうか。 芸能人のスピードゴルフNo.1をかけた「第2回 芸能人スピードゴルフ王決定戦!」が放送されるのは、12月27日(水)20:00から。 3月に放送され話題となったスピードゴルフ王決定戦の第2弾は、日本スピードゴルフ協会の公式アンバサダーを務める俳優の鶴見辰吾さんをはじめ、前回覇者の肥野竜也さん(モデル・俳優)、前回2位で女子チャンピオンの山本潤さん(アナウンサー)、梶原雄太(キングコング)という第1回大会参加者に加え、今回はなんと芸能界のゴルフ王、渡辺裕之さん(俳優)が参戦。さらに女優の原史奈さんも華を添える。 そして驚きなのが、第2回にしていきなり佐藤信人プロ、井上莉花プロのプロゴルファーも登場。ゴルフ好きの芸能人に混じり、コースを駆け抜けることになった。 今回は、番組オリジナルの新競技「クラブ限定スピードゴルフ」やチーム対抗でホールアウトまでのスピードを競う「ファステストホール」を実施。それらの競技のポイントを換算した上で、最後の「9ホールスピードゴルフ」対決で雌雄を決する。前回のように純粋な18ホールのスピードゴルフだけで勝負を決めるわけではないだけに、ゴルフやスピードゴルフの実力

スピードゴルフ、国内で初めて通常営業で導入!

スピードゴルフが遂に、普通のゴルフをするように予約をすればプレーできるようになった。国内で初めて通常営業でのスピードゴルフ導入をスタートしたのは、茨城県のワンウェイゴルフクラブ。「スピードゴルフオープン2017」の舞台ともなった、スピードゴルフの“聖地”だ。これまで体験会や大会の日程が合わずにプレーできなかった方も、これでスピードゴルフの楽しさを体感することができる! ワンウェイゴルフクラブでスピードゴルフがプレーできるのは、毎週月曜、火曜の6:50と6:55のスタート枠。各ティータイムとも最大2名まで予約でき、大会のように1人でプレーしても、2人でプレーしてもOKだ。 こちらはスピードゴルフ紹介動画。舞台もワンウェイゴルフクラブなので、プレーの雰囲気も伝わるだろう。 このようにスピードゴルフが通常営業で楽しめるようになったのは、同コースが全て1番スタートのスループレーだから。現在のところ2018年2月のプレーまで予約ができる「テスト期間」となっているが、すでに予約も入っているとのこと。価格もカート代がかからないため、総額6,852円とリーズナブルなので、是非、ご利用していただきたい。 ワンウェイゴルフクラブは、常磐道土浦北ICから約8キロで都心から約70分と好アクセス。レイアウトは、名匠ピート・ダイ設計でフラットだが、年間平均10フィートのグリーンなどメンテナンスが良く人気が高い。 ドライビングレンジ、アプローチ練習場、練習グリーンなど練習環境の整備にも力を入れており、スピードゴルフをプレーした後は、通常のゴルフを「おかわり」したり、存分に練習することも可能だ。

最新記事
特集記事
  • SpeedgolfFacebook
  • SpeedgolfTwitter
  • SpeedgolfInstagram

一般社団法人日本スピードゴルフ協会

東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア8階