• SpeedgolfFacebook
  • SpeedgolfTwitter
  • SpeedgolfInstagram

一般社団法人日本スピードゴルフ協会

東京都品川区東五反田2-10-2 東五反田スクエア8階

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

国内4連覇の松井選手は11位!パワーランキング発表

January 17, 2018

国際スピードゴルフ連盟が、スピードゴルフのパワーランキング(男子)を発表。今月15日現在で、国内大会4連覇中の松井丈選手が11位、昨年の日本スピードゴルフオープン4位の伴場信吾選手が20位につけている。

 

 

今回が4度目となるランキング改定だが、前回10位だった松井選手が11位と引き続き健闘。伴場選手も世界のトップ20に入った。

 

ご覧のように松井選手は2017年のスピードゴルフオープンなど対象7試合で平均SGSは131.24。伴場選手は4試合が対象となっており国内で常に上位につけたことが評価された形だ。

 

国内無敵の松井選手。昨年12月に米国ヒューストンで行われたUSスピードゴルフ・チャンピオンシップで6位入賞(ゴルフ:80、ラン:56分58秒、SGS:136.58)を果たした。

 

伴場選手はUSスピードゴルフ・チャンピオンシップで10位。SGS147.35(ゴルフ:88、ラン:59分35秒)でトップ10に食い込んだ。

 

このパワーランキングは、2015年から2017年までの世界の主要スピードゴルフ大会の成績を独自のアルゴリズムを採用して、各選手を1位から8位を決める8名、9位から17位を決める9名、18位から20位の3人を決める13名の3つにグループ化。連盟内の投票権を持つスタッフがグループごとに投票し順位を確定したという。

 

パワーランキングはまだスタートしたばかりで、今後もスピードゴルフの盛り上がりとともに改定され、対象大会などが広がりより正確なものとなるだろうが、ともかくこれが現在の世界で唯一のスピードゴルフランキング。2018年はこのランキングにどれくらいの日本のスピードゴルファーが入ることができるのか、今から楽しみだ。

 

なお、女子のランキングも間もなく発表されるという。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload